カードローン 比較

比較サイトを参考にして、自分に合ったカードローンを見つけました

大学生のころは、働くことやこの先の人生について本気で考えたことがありませんでした。この4月から地元の中小企業で事務OLをやっているのですが、それもなんとなく、実家から通えて入れるところに入ったという感じで、特にやりがいとかそういうものはありません。でも、働き始めて改めて考えてみると、これでいいのか?と疑問に思うようになりました。事務職なんて、変化や成長のある仕事ではありません。自分自身、安定していればいいかなというくらいの気持ちで決めた職場です。でもこのまま毎日同じ仕事をして、どんどん年を取っていくのかと思うと、魅力だったはずの『安定』が、なんだかつまらなく思えてしまったんです。

そんな風に悩んでいた時に、大学時代の友達と会う機会がありました。彼女は大学生のうちに医療系の資格を取って病院に勤務しているのですが、忙しいけれど毎日がとても充実していて楽しい、と話していました。それを聞いているうちに、私も何か資格を取って、それが活かせる仕事で自分のやりがいを見つけたいと思うようになったんです。そこでいろいろと考えて、前から興味のあったインテリアコーディネーターの資格を目指すことに決めました。

働きながら資格を取るつもりだったので、効率よく勉強するためにインテリアコーディネーターの専門講座を受講することにしました。始めるならすぐにスタートしたい!と思って、調べてみたのですが、どこも受講料などもろもろ含めて数十万円は費用がかかってしまいます。正直、働き始めたばかりで貯金などもほとんどなく、親も安定した今の会社を辞めることには賛成ではなかったので頼れませんでした。

どうにかならないかと考えている時に、電車の中でカードローンの広告を見て、借りるという方法があったことに気が付いたんです。すぐにスマホでカードローンについて調べてみました。そしたら、複数のカードローンを比較しているサイトがたくさんあるんですよね。どうせ借りるなら、損はしたくないと思って、徹底的に比較サイトを読み込みました。そしてわかったのが、私の条件は審査に少し不利だということです。きちんと働いてはいるものの、まだ就職して半年もたっていません。それだと、事前審査で重要な信用が低くなってしまうんですね。借りれたとしても、限度額が低くなってしまうこともあるとも書かれていました。

借りたい金額が借りられなかったら意味が無いので、まずは口コミなども参考にして、私の条件でも借りやすいところを絞り込むところから始めました。そして、その中から金利や返済に関する条件の良いところを、とにかく1つネットから申し込んでみることにしたんです。それが夜のことだったのですが、次の日の昼間には返事が来ていました。ラッキーなことに、無事に審査をクリアして、必要な金額の借り入れができるということになりました。

今は、予定通り働きながら週2回の講座に通って、頑張って試験に向けて勉強しています。目標があるとそれだけで、毎日に張り合いが出るような気がして楽しいです。返済も順調で、ボーナス月には繰り上げ返済もしたりしてます。きちんと比較して、自分に合ったカードローンを見つけられたので、本当に利用して良かったと思っています。

来店不要でキャッシング、忙しいあなたに最適な方法

コミュニケーション障害というわけではないけれど、お金を借りることに後ろめたさを感じて窓口で手続きすることにためらいのある方は少なくないでしょう。まして審査が通らなかったら恥ずかしいし、人に見られたくない、あるいは店舗が近くにない…。
でも心配ありません。キャッシングの申込みは窓口だけではないのです。顔を合わせなくてもいくらでも申込みできます。

【無人契約機を利用しよう】
無人契約機はご存知ですか。消費者金融系では各社この無人契約機を用意しています。
無人とはいってもカメラで見られていますし、マイクを通して会話も行います。とはいっても相手が見えないから気楽に申込むことができます。流れとしては、①申込み、②審査、③カード発行とこれだけです。審査に30分前後掛かりますので全体で1時間程度とお考えください。もちろんカードが手に入ればその場でキャッシングできます。なお、申込時に身分証明などの必要書類を提出するのであらかじめ用意しておきましょう。借金は嫌だからキャッシングも嫌だ?キャッシングは投資ですよ

【インターネットで申込み】
パソコンやスマートフォンから申込むこともできます。従来は申込んだ後窓口や無人契約機で審査という流れでしたが、ほとんどの会社ではインターネット申込みも審査までできるようになりました。必要書類はメール添付やFAXなどで送ります。自宅でリラックスしながら手続きできるのは非常に楽ですね。そのため最近はインターネットで申込む人が増えています。審査が通れば借入れ可能で、指定口座に振り込んでもらえます。あとは好きな時にATMに行って下ろすだけ。ただし即日の融資を希望すると、当日の14時までなどといった条件がありますから、事前の確認が必要です。

上記以外に電話で申し込んで審査も受けることができます。カードも郵送で受け取ることができるためこちらの方法も自宅で手軽にできますが、時間が掛かるのがネックになります。、早く現金がほしい場合は上記のどちらかをおすすめします。

【まとめ】カードローンのメリットとデメリット

ひと口にカードローンといっても種類があります。銀行、流通、信販、消費者金融に分類されます。メリットとデメリットを考える場合、系列によって異なっていますので、それぞれについて触れてみましょう。

「銀行系」
金利の低さが大きなメリットです。また総量規制にかからないため、年収の1/3を超えても借入れすることができます。銀行系という安心感があるというのもメリットかもしれませんね。デメリットは審査が厳しめで時間が掛かることです。すぐに借りたい場合には不向きでしょう。

「流通系」
審査が緩めでカードの発行も早いのがメリットです。デパートや大手スーパーなどで発行されるクレジットカードに付随した機能です。店員さんに勧められて作ったという方も多いのではないでしょうか。手軽に作れる分、金利は少し高めです。

「信販系」
流通系同様、クレジットカードに付随した機能です。銀行系よりは審査が緩く作りやすくなっています。しかしこちらも金利が高めなので、多めの借入れはやめておいた方がよさそうです。

「消費者金融系」
ア〇ムやレ〇クなど、テレビ雑誌のコマーシャルでよく見聞きするのがこちらです。上記よりも敷居が低めで審査も早く、すぐに現金が手に入ります。収入さえあれば主婦や学生でも借入れ可能のこともありますが、金利の高いところがデメリットです。しかし無利息キャッシングを上手に利用すれば、最もお得な借入れをすることができるでしょう。

お金がすぐにほしいのか、まだ余裕があるのかだけでも選択肢が絞られてきます。メリットデメリットを理解した上で、ご自身が納得できるカードを作られてみてはいかがでしょうか。

借金はおすすめしませんが、困った時のキャッシング活用例

給料日前になると持ち金が乏しく、プライベートでの出費を極力抑えがちになりますね。しかし急な出費が発生することもままあって、貯金もなく借りるあてもなければ行き詰ってしまいます。そんなときにキャッシングで急場を凌げると精神的にかなり楽になるものです。緊急対策用にキャッシングカードを1枚作っておいてもいいですね。出費がなければ使わなければいいだけの話です。

いざ借りるとなると、返済時に利息も支払わなければならないということは誰でも知っていると思います。この利息を払うのがいやで絶対借金をしない人もいますが、助けてもらったお礼のような意味合いを込めてきちんと返しましょう。どうしてもいやだという人には、無利息のキャッシングがあることを紹介します。

各ローン会社では様々な商品を用意しています。一例を挙げてみましょう。
・「初めてのお客様限定30日間無利息」
・「初回のキャッシング、完済日の翌月以降のキャッシング1週間無利息」
・「借入れ額全額30日間無利息」
・「借入れ額のうち5万円まで180日間無利息」
初めて、1週間、30日間などのワードがタイトルに含まれており、それが無利息の条件であることがわかりますね。借入時の状況に合わせてこれらの商品をうまく利用すれば、利息を払わずにキャッシングすることができます。実際、一度も利息を支払わずにキャッシングを続けている人もいるほどです。給料日直前に借りて、給料が振り込まれたら返済する、考えようによっては給料の前借りをするようなものですね。

どうしても借りなければならない事態に直面しても、無利息で借りる手があることを知ればかなり気が楽になるのではないでしょうか。賢く利用してして困難をうまく乗り切りましょう。

キャッシングその前に、注意すべき点はこれだ!

キャッシングが気軽にできる時代、深く考えずに借りて後で困ることにならないよう、注意すべき点をチェックしておきましょう。

まず最初になぜお金を借りる必要があるのか、そしていくら借りるか。返済プランをどうするか。例えば来月に結婚式が2~3件あれば、ふだんのお小遣いだけでは賄いきれません。貯金は崩したくないし、親や友人知人に借りるのも気が引ける。そういったときにキャッシングが役に立ちます。ただし単に買物したいとか旅行したいなどといった不要不急な出費については、懐に余裕のあるときか少しずつ貯めてからでも間に合いますから、安易に借りることは避けましょう。キャッシングをしたら返済まで何カ月掛かるか把握して、ボーナス時に繰り上げ返済の活用で少しでも利息を少なくする方法もありますので、返済プランはしっかり考えてください。漠然と借りて返済も意識しないでいると、ずるずる借り続けてしまう危険性があるということを認識してください。

次に借りる先、信販会社を選びます。選択のポイントとして、利息の比較確認と返済方法に注目してほしいと思います。返済方法によっては利息がほとんど掛からないお得な商品もありますから、面倒がらずに調べるべきです。

窓口や無人契約機が近くにあるか。申込みはインターネットや携帯、郵便でもできますが、審査は窓口or無人契約機となる場合もあるために、なるべく自宅か勤務先に近い場所にあると便利です。よく利用するATMでキャッシングできるか調べておくのもいいと思います。

申込みに備えて必要書類を用意しておきましょう。本人確認書類(運転免許証、健康保険証、パスポート)の写し、100万円以上借りる際は収入証明書が必要です。多額の申込みは総量規制で前年度収入の1/3以上の借入はできないため、他で借りていないか確認しておくことも必要です。

最後に闇金融には絶対手を出さないことです。利息はもちろんのこと、厳しい返済を求められるため避けてください。大手の信販会社ならば安心して借りられますが、あまり聞いたことのない会社であれば利息や条件を必ず確認しましょう。

キャッシングの審査が通らなかったら・・・不安のある方必読

せっかく申し込んだのに審査が通らなかったらがっかりしてしまいますし、お金の工面に困りますね。審査が通らないのはどのような人でしょうか。

まず第1に通すのが難しいのが多重債務を抱えている人です。申込み時点で3社以上から借入れしていると不利になります。同じ額の借入れでも、1社だけの場合と複数社では信用度が全く違います。件数よりも借入れ金額を重要視されると思いがちですが、実際には何社から借りているかが重要なポイントとなってきます。

次に無職の方。収入がなければ返済が見込めず、貸す方もリスクが大きいから断られるというのは理解できます。とはいえ100%通らないこともありません。ローン会社のホームページを調べていただくと、方法が見つかるかと思うのでトライしてください。

また、申込書の不備が多い人はだらしないと思われて不利になります。間違いや未記入のないよう、何度も見直してから提出するようにしましょう。

過去に何度も延滞した経験のある人も難しくなります。特に2カ月以上の延滞は信用機関に登録されて5年間は消えません。その間の借入は不可となります。

同時期に複数社に申込むとブラックリスト入りすることもあるので注意しましょう。

他社から年収の1/3近く借りている人や、居住確認、在籍確認の取れない人も審査に通りにくくなりますし、自宅電話や携帯電話が未納で止められている人はまず通らないとお考えください。

審査基準は各社異なりますので、情報を集めてできるだけ緩い会社を見つけるといいでしょう。審査に通らず納得がいかなければ、全情連などに情報開示請求して自分の状況を把握することもできます。

無職でもお金を借りることができるか調べてみました

ひとくちに無職といっても人それぞれです。専業主婦の方や学生、就職していたけれど自己都合なり会社都合で退職した方、あるいは定年退職された方など。

返済能力以上の借金を作らないようにするために、改正貸金業法による総量規制によって、前年度の収入の1/3以上の借入はできないと定められています。そのため現状では収入の全くない無職の方は申込みができません。パートやアルバイトをしていれば可能性があるようです。保証人を立てて高い金利で貸してくれるところもあるようですが、そちらはお勧めできません。多少でもお金を稼いでいて、それを証明できることが重要です。

以前は専業主婦でも夫に収入があれば問題なく借りることができ、学生の場合、20歳以上であれば審査を受け付けてくれる会社もありました。
また退職された方は、一番手っとり早いのが派遣要録だけでよかった時期もあったようです。登録するだけで実際に働いていなくても派遣社員と見なされて、審査を受け付けてもらえました。しかし残念なことに、今はこれらの方法では申込み段階で断られるようです。

他に有効な手段としては自営業者になってしまうことです。税務署などに必要書類を提出するだけで自営業の肩書を得ることができます。キャッシング審査時に納税証明書が必要になりますが、初年度であれば不要、その代り開業届出書の控えを提出すればOKです。

上記以外では、クレジットカードのショッピング枠でキャッシングするという方法があります。そもそもクレジットカードをお持ちでしたらキャッシング枠で借りることができますが、上限ギリギリまで借りている場合でもこのショッピング枠を活用して更に借りることができます。実際に手に入る金額はショッピング枠の70%程度といわれていますので不利ではありますが、無審査で借りられるようなので、確実にお金を得たい場合はこちを利用してみてはいかがでしょうか。

知っておきたい繰り上げ返済「2つの方法」

キャッシングの返済は、毎月指定日に口座から自動で引き落とされます。こちらから振込む必要はありません。しかし、返済回数が2回や3回ならまだいいのですが、10回以上であったら、例えばボーナスや臨時収入で残り全部を完済したいなんて気持ちにもなりますね。それが繰り上げ返済です。残金を一度に支払うことを「全額繰り上げ返済」といい、一部だけ返済する「一部繰り上げ返済」といった方法もあります。支払いは借りる時と同じようにATMでもできますし、振込みで処理することも可能です。また、繰り上げ返済は早い時期に行うのが効果的です。

繰り上げ返済の良いところは、利息が軽減される、すなわち返済総額を減らすことができるところです。更に返済回数を減らすことができますので、余裕ができたらぜひやりましょう。

ただし注意する点があります。ローン会社にはそれぞれ返済日と締め日があります、締め日に翌月の利息を元金の残高によって決めるため、繰り上げ返済日がその日を過ぎていたら翌月分には反映されなくなってしまいます。
15日締めの翌月25日返済を例にとってみましょう。1月16日に「一部繰り上げ返済」したとしても、締め日を過ぎているので2月25日には従来通りの額と利率で引き落とされます。要するに1月15日の「一部繰り上げ返済」は3月以降が対象となるわけですね。残高にもよりますが、少し高めの利息を支払うことになりますから「一部繰り上げ返済」の場合は支払い時期に気をつけてましょう。

「全額繰り上げ返済」については、手続きや手数料が各社異なるため事前にご確認ください。

カジュアルなイメージで身近になったキャッシング

近頃では銀行やコンビニのATMがそこかしこにあって、各社時間帯や日時に制限はあるものの、いつでもどこでもお金を借りることができるようになりました。

仕事がひと段落して飲みにでも行こうと財布を覗いたら余裕がない、ほしい服が見つかったけれど、今これを買ったら次の給料日までのやり繰りが大変etc…。そんな窮地を救ってくれるのがキャッシングです。簡単気軽に現金を入手、またテレビや雑誌のコマーシャルも頻繁に目に入ることから、キャッシングはとても身近な存在となってきました。

しかしながら、キャッシングは困った時の助けになってくれるものの、あんまり気軽に借りていると感覚が麻痺してくるので要注意です。まだ大丈夫だと思っていたのに、気付いたら借入れ上限に達していたなんて経験はありませんか。借りているとだんだん借金という感覚がなくなって、あたかも自分の口座から下ろしているように錯覚する人もいます。上限が30万だとすぐに達してしまい、50万に借入額をアップさせてまた更に…。

当然ですが、借り過ぎると返済が大変なことになってきます。5回の返済予定が10回、15回とどんどん伸びていきますし、あるいは1回の返済額を増やさないとならないなど、当初の思惑と異なってきます。そのうち返済に追われて給料で賄いきれなくなり、不足分をまたキャッシングしなければならない、いわゆる自転車操業状態に陥ったら危険信号です。ご自身の収支を見直して過度なキャッシングをしないよう、また早めの完済を心掛けましょう。

とりあえず「今」を何とかしたいのもわかりますが、ちょっと我慢すれば借りずに済むかもしれません。その我慢する気持ちを大切にして、必要のない借入れは控えましょう。

カードローンの利用は結婚の障害になるか?

結婚相手に借金があったら…。

現代社会で何かしらの借金がある人は珍しくありません。お金を借りている人口は多いですし、必ずしも借金は悪いことではありません。自動車や家、大型家電のローンはほとんどの人が抱えているといっても過言ではないでしょう。しかしカードローンとなると良いイメージのないという人もまだまだ多いのが現実です。上手に借りて上手に返済できていれば全く問題ないのですが、昔のサラ金のイメージを思い起こすのか、アレルギー的に受け付けない人もいます。

いくら結婚を考えるほど好きな相手でも、同じ借金とはいえカードローンの借入れとなれば慎重にならざるを得ないこともあるでしょう。結婚前にキチンと清算する人もいれば、借りていることを黙って結婚する人もいるかもしれません。前者であれば問題ないのですが、後者の場合、返済のためにお互いの生活が圧迫されることも考えられます(借入規模による)。何よりも騙された感があるため感情的になるケースも多いようです。ましてお酒やギャンブルが絡んだ借金となれば人生が破綻しかねず、巻き込まれる立場としてはたまったものではありませんね。その点を見極めて結婚に至らないケースや離婚に至るケースは少なくありません。

たとえ1回の借入が少額でも、常習しているとなれば不安が増します。積もり積もっていつの間にか予想外の金額になり、返済に困窮する場面も想定できますね。
結婚相手に不安感を与えないためにも安易にキャッシングする癖はつけず、必要な時だけ必要な額をキャッシングするよう心掛けて、常に借りたことをパートナーに話すようにしてください。一番良いのは、借りる前に相談して、借入額や返済プランを一緒に考えるのが望ましいと思います。

くれぐれもトラブルが起きないよう注意しましょう。

<徹底比較>カードローンの申込み方法

カードローンを申込むにはいくつかの方法があります。今回はその紹介をしましょう。

①窓口
店頭窓口で申し込み手続きを行います。担当者と顔を合わせて話をするため、疑問点があれば質問してすぐに答えを得ることができます。審査もその場で少し待ちますが受けることができます。

②無人契約機
機械を相手に申込み手続きから審査までできます。対人が苦手な方向きでしょう。とはいえカメラでチェックされていることをお忘れなく。機械操作に不安のある方は店頭窓口をおすすめします。

③郵便
あらかじめ資料を取り寄せて、その中にある申込み用紙に必要事項を記入して郵送します。他の方法よりも時間を要するため、すぐにお金が必要なときには適さず、自宅でじっくり検討したい方向きです。

④電話
融資会社に電話で直接申し込みむこともできます。仮審査を受けて融資可能となった場合には、店頭窓口か無人契約機での手続きが必要になります。借りようか迷っているときに場所を問わず、また相手の顔を見ずに相談できて安心です。

⑤インターネット・携帯
今はこの方法が最も一般的となっています。パソコンやスマホ、携帯電話から手軽に申込みから審査まででき、指定口座に振り込んでもらえます。人に知られることなくすぐに借りることができるのが大きな利点です。即日融資を希望される場合は、手続きの時間帯によって各社条件がありますので、事前に調べておいてください。

以上、キャッシングの申込み方法にはいくつかの方法があります。お好みで選んでみてはいかがでしょうか。なお、申込みには本人確認書類(免許証等)や借入れ金額によっては収入を証明する書類が必ず必要になります。